伊那市 インプラント 小野歯科医院 長野インプラントセンター

インプラント治療とは

歯が欠損すると、従来までは入れ歯にするか、欠損した両隣の健康な歯を削ってブリッジにするという方法しか選択できませんでした。

とりわけ、部分入れ歯は、バネかかって見ばえが悪い、異物感が強いまた精神的に受け入れられないという理由から装着せずにそのまま放置していて、おいしく食べられない。また、1本、2本歯が失われていて、なんとかしたいが、きれいな歯を削って、ブリッジにはしたくないとお考えの方もいらっしゃると思います。

インプラント治療は、こうした方々の問題を解決するために開発された最先端の歯科医療技術で、国の高度先進医療に指定されています。この治療方法は非常に有効で、自然な外観や表情を取り戻すことができ、噛む機能が回復することでおいしく食事をすることが可能です。ただし、希望された方全員が、インプラント治療が受けられる訳ではなく、骨の状態・体の状態(全身疾患)・噛み合わせの状態等によっては、治療が出来ないケースもありますので、そのために、十分な診査、診断のもとに慎重に行わなければならない治療でもあります。

インプラント治療との出会い

私は開業する以前は、松本歯科大学病院口腔外科助手(助教)の後、塩尻市にある医療法人弘仁会 鴨居歯科医院に勤務医として勤めておりました。
1994年(平成六年)、鴨居院長からお誘いいただき、米国・ボストンでおこなわれたPRD(補綴歯周病学会)・ボストン大学研修に参加いたしました。この当時、日本ではまだインプラント治療はあまり一般的ではありませんでした。しかし、ボストン大学病院では、CTを使用した三次元的な画像診断による、インプラント治療がすでに行われていました。また、一般開業医においても、インプラント治療は有効な治療選択肢の一つとしてすでに認知されており、積極的に日常臨床のなかで行われていたのです。
当時、国内においては、一般の歯科医院はもちろんのこと、大学病院においてもインプラント治療は、消極的でしたので、あまりの違いにおおいにカルチャーショックを受けました。このままではたして本当にいいのか・・・。

帰国後、インプラント治療について、もっと深く勉強したいと強く思いました。この際、私の希望を聞き入れて、鴨居先生が、日本では一番のインプラント治療施設である、東京都千代田区にあるブローネマルクオッセオインテグレーションセンター(院長:小宮山彌太郎先生)を紹介してくださり、毎週、木曜日通って、トレーニングを受けることができました。小宮山先生には5年間師事していただきました。この期間に御指導いただいた手術方法をはじめ多くのことは、現在でも私のインプラント臨床における「礎」となっています。鴨居先生、小宮山先生はわたしにとって、大切な恩師です。

長野インプラントセンターの役割

先程、インプラント治療は、国の「高度先進医療」に指定されていると言うお話をさせていただきましたが、この治療は一般の治療と並行して行われるものではなく、手術日にきちんと時間を確保し、専用の手術室で、滅菌された器具とデイスポーザブル(使い捨て)の材料や製品を使用して、外来異物が口腔内に入らないような環境下のもとでおこなわれる治療です。 また、手術中はモニターを装着し、血圧や脈拍、酸素飽和度(SPO2)を管理して、安全・安心に手術が行われるよう、十分な配慮をしなければなりません。この目的を達成するために、最新の医療器機を導入し平成19年1月、長野インプラントセンターを医院内に開設いたしました。 院長は、公益社団法人 日本口腔インプラント学会(日本歯科医学会・専門分化会) 専門医・認定医の資格を有しております。

  • ライブオペの様子
  • ライブオペの様子
    2008年ライブオペの様子

インプラントの種類

ブリッジ


  • 周囲の健康な歯を削ってブリッジにします。

  • 健康な歯はまったく削らずに歯のない部分にインプラントを入れます。

着床タイプ


  • 入れ歯を固定するための針金が見た目にも機能的にも不快です。

  • 針金付きの入れ歯ではないので、見た目もきれいです。

総入れ歯


  • 入れ歯がズレたり、食べ物が内側に入って痛かったりします。

  • しっかり固定されるので、入れ歯のような不快感はなくなります。

その他にもこんな利点が

  • インプラントによる入れ歯なら、天然の歯とほとんど同じ感覚で物を噛むことができます。
  • 自然な外観や表情を取り戻すことができ、人前で話すことも全く不安なく行えます。
  • 噛む機能が回復することで食べ物の制限がなくなり、バランスのよい食事が楽しめます。楽しい食事は体を健康に保つだけでなく心までも健康にします。

症例のご紹介

60代女性

50代男性

50代女性

価格表

インプラントを1本埋入して、完成した歯がはいるまでの総額は約300、000円。
(但し、二次手術及びGBR・CTG等の移植費用は除く)。

一次手術費用

一次手術費用 1本  200,000円
一次手術費用 2本 400,000円
一次手術費用 3本 600,000円
一次手術費用4本以上 上記金額に準ずる

上部構造費用(セメント及びスクリュー固定)

上部構造 1本 100,000円
上部構造 2本 200,000円
上部構造 3本 300,000円
上部構造4本以上 上記金額に準ずる

二次手術

二次手術が必要な場合 50,000円

プロビジョナルレストレーション

プロビジョナル(仮歯) 15,000円
ジルコニアアバットメント 57,000円

その他の手術費用

骨再生誘導法(GBR) 100,000円
遊離歯肉移植(FGG) 52,000円
結合組織移植(CTG) 52,000円
ソッケットリフト 60,000円

上部構造が義歯の場合

レジン床(FD,PDともに一床) 150,000円
金属床(FD,PDともに一床) 300,000円
義歯維持装置 55,000円
マグネットアタッチメント 70,000円

インプラント治療を行った患者様の声

美味しく物を食べられることに感謝しております(60代 男性)

日頃お世話になっております。 私は先生、スタッフの皆様には治療、応対等に関し満足をしております。 特にインプラントに関しましては美味しく物を食べられることに感謝しております。 希望としまして今は働いておりますので時間に無理な時もあろうかと思いますが、時間の調整等お願いしたいと思います。 これからもお世話になりますが宜しくお願い致します。

(下諏訪町 60代 男性 インプラント)

4,50代の頃より美味しく食事ができるようになりました(60代 女性)

【感想】 いつも先生始め、看護師の皆様にはひとかたならぬお世話にあずかり、感謝の気持ちで一杯でございます。 思えば幼い頃より歯には大変悩まされてきましたが、小野先生にお逢い出来、インプラントを進めていただいたおかげで今では4,50代の頃より美味しく食事が出来る事、ほんとうに嬉しく幸を日々感じております。 これからも自己努力はもちろんの事、先生、看護師の皆様に助けていただき、少しでも長い事この状態が保てる様頑張ってまいりますのでこれからもどうぞ宜しくお願い致します。

(下諏訪町 60代 女性 インプラント)