伊那市 院長ブログ 小野歯科医院 長野インプラントセンター

今年もあと2日で終わりを告げようとしています。
今年は、コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大により、生活スタイルが一変しました。いつも私のブログを楽しみにして下さる皆様はお元気でしょうか?お陰様で私もスタッフも皆、元気にしています。
コロナウイルス感染症は、第3波を迎え、未だ終息の目途は立っていません。昨年の今頃にはこんな事態になるとは全く予測できませんでした。
米国やイギリスのような諸外国に比べれば、日本は感染者・死者数とも少ないのかも知れませんが、現在コロナを扱う医療機関は、日々重症者数が増え続けているため逼迫しており、今後冬の時期に増える脳梗塞や心筋梗塞の急病者の受け入れが難しくなると推察されています。命の選択という言葉が使用されるまでになって来ていますが、【人命に勝るものはない、何事にも変えられない大切な命】なのです。
菅さんが総理大臣となり、「医療重視」から「経済重視」へと舵が切られました。政策面からバランスを欠いたこのコロナ対策が現在のこのような第3波を招いたと言っても過言ではないと私は考えています。WHO上級顧問でキングス・カレッジ・ロンドンで教授を務める、渋谷健司教授は、5月頃より日本における冬季の感染再拡大に早くから警鐘を鳴らしていました。現在の政権は、コロナを甘く見過ぎていると言わざるを得えません。国民をコロナから守るという観点から、東京オリンピックの開催も、再考する必要があると私は考えます。有効で安全性の高いワクチンの予防接種が一日でも早く国内で始まり、国民全員に行き渡ってようやく終息の目途が立ってくる、まだまだ時間が相当かかると考えますので、3蜜(密集・密閉・密接)を避けて、徹底したうがいと手洗いをお願い致します。
小野歯科医院では、更なる衛生管理を徹底しご来院される患者さんが安心して治療が受けられるよう、万全を期して参りますので来年も宜しくお願いいたします。

<コロナ禍における口腔ケアーの重要性>
なぜ、口腔ケアが感染予防につながるのか。それはウイルスが体内入り込む仕組みにあります。
ウイルスは生物の細胞内で増殖します。喉や鼻の粘膜に到達すると、粘膜細胞に入るための「鍵穴」(受容体)を探し出し、扉を開けるようにして侵入。細胞内のタンパク質やエネルギーを使って増殖します。
通常、粘膜細胞は粘液で覆われており、ウイルスの侵入を防御しています。口腔内が不潔になり歯周病菌が増殖すると、歯周病菌が出す毒素(タンパク分解酵素)によって粘液が溶かされます。すると粘膜細胞の鍵穴が丸見えになり、ウイルスが侵入しやすくなってしまいます。
つまり、感染を防ぐには口腔内を清潔にし、歯周病菌を抑えることが大切なポイントになります。そのためには、歯みがきとともに、歯科医院でプラーク(歯垢)を除去する口腔ケアは重要です。

2021年(令和3年)が皆様、ご家族様にとりまして良き年となりますよう心よりお祈り申し上げます。

今年も残すところあと僅かとなりました。皆様にとりまして2019年はどのような年でしたでしょうか?
今年は、天皇陛下即位の礼があり平成から令和へと年号が変わる記念すべき年でもありました。「昭和」「平成」「令和」の三時代を生きることが出来て、私的には感慨深いものがあります。いつも私のブログを楽しみにして下さっている皆様も、嬉しかったこと、悲しかったこと、辛かったことさまざまな思いがきっとあると思います。
「人生100年時代の到来」このキャッチフレーズは令和に入り誕生した言葉で、私的には今年の流行語大賞に選ばれてもおかしくなかったと思っています。「長生きできる」・「美味しく食事が食べられる」このことは皆様のクオリティオブライフ(生活の質の向上)にとりまして大変重要なことであり、益々貢献して行かなくてはならないと年末に当たり強く考えております。

口腔の健康状態が全身にさまざまな影響を及ぼす(糖尿病・心筋梗塞・脳卒中)ことが明らかにされつつあることは以前のブログで取り上げさせていただきましたが、最近テレビ番組でも取り上げられていますので来院中の患者さんからもご質問をお受けることが多くなりました。お口の健康志向の高まり、素晴らしいことです。そしていま話題となっているのは「歯周病とメタボリックシンドローム」についてです。まだはっきり分かっていないことが多いので今回はさわりの部分だけ御紹介いたします。


「歯周病とメタボリックシンドローム」
歯周病の影響は脂肪組織の増加にも及ぼすと考えられます。中年期の成人を対象として現在歯数(現在お口の中に残っている歯の本数)と食事内容との関連性を調べた研究では、現在歯数と摂取エネルギー量が負の関連性を示すつまり現在歯数が少ないとパン、ごはん、麺類、菓子類の摂取量が多く、野菜類の摂取量は少ないことが報告されています。中年期は老年期に比べて活動量は高くエネルギーを必要としますが、この時期に歯を喪失すると食事バランスが崩れ、結果的に必要な量を上回るエネルギー摂取につながる。つまり歯の喪失原因となる歯周病は間接的に内臓脂肪の増加のリスクを高めることが分かってきました。これから更に色々な事が解明されて行く考えますのでご紹介していきたいと思います。

2020年(令和2年)が皆様にとりまして良い一年でありますよう祈念いたします。

新春を迎え皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。
本年もよろしくお願いいたします。

皆様にとりまして2018年はどんな年だったでしょうか?私事で大変恐縮ですが、昨年は上伊那歯科医師会理事として多忙を極めました。昼間は診療、夜は歯科医師会の会議に追われブログの更新もままならない状態でした。また、日進月歩である治療の勉強もじっくりと出来ないことが私にとって最大のストレスでした。ようやく最近、南海トラフ地震を想定した、「上伊那歯科医師会大規模災害対策本部設置基準と組織図」が完成し、マニュアル作成の段階までこぎつけました。備えあれば憂いなし。このマニュアルを使わなくてもよい平穏な一年となるよう祈るばかりです。
あと、昨年はお陰様で息子が歯科医師国家試験に合格し、臨床研修医となりました。この4月からも引き続き大学病院で腕を磨きます。帰って来て跡を継ぐのはまだまだ先になりますので、私も最新の治療技術習得に向けて今後も頑張って参ります!

「フレイル」という言葉を最近よく耳にするという方も多いのではないでしょうか?フレイルとは、高齢になって心と体の働きが弱くなる軽度の衰弱、つまり健康と要介護の中間の状態を呼びます。いつまでもいきいきと暮らしたい、そのためにはこのフレイルを予防することが大切となります。とりわけフレイルと大きく関わっている「オーラルフレイル」(口腔機能の衰え)を改善することでフレイルが回復することが分かってきました。
 歯の本数が多いほど寿命が長い、残っている歯が多い、例え義歯であったとしてもよく噛めていれば認知症のリスクが低く、姿勢や歩行が安定するなど関連があることが明らかになっています。

よく噛んでバランスのよい食事をとり、適度な運動をし、健康寿命を延ばしましょう !

2017年も残すところ、わずかとなりました。私のプログをいつも読んで下さっている皆さんにとって、今年はどんな年だったでしょうか?

今年は、私にとって今までにない位、忙しい年となりました。
日常の歯科治療に加えて、7月から地元の上伊那歯科医師会 理事、上伊那歯科医師連盟 理事となりました。今までは自分の歯科医院のことだけを考えていれば良かったのですが、これからは上伊那全体の歯科医療についても考えなければならない立場になってしまった。もう一つの使命が、南海トラフ地震が発生した時の大規模災害対策。震度6弱の地震が発生した時、上伊那広域消防本部に災害対策委員会が設置される・・・。「激 務」とはこう言う状態をいうのかと、身に染みた毎日を過ごす1年となりました。来年も任期が続きますが、地域医療のために頑張ります。

高齢化率とは、65歳以上人口が総人口に占める割合。現在、日本における平均寿命は、男性が80.55歳、女性が86.99歳となり、今後更に平均寿命は延びると考えられています。このことに加えて、少子化の影響から高齢化率は、27.3パーセント、まさに4人に1人が高齢者となっています。2025年にはこの高齢化率は、30パーセント程度まで上昇すると予想されています。高齢化社会から「超高齢化社会」への時代到来です。

CT・マイクロスコープ等の最新治療技術の習得も大切ですが、今後加速度的に増加する、高齢者の方々の歯科治療をどのように支えて行くのか。当医院にとっても課題は山積みです。

2018年(平成30年)が皆様にとりまして、良い年でありますよう御祈念申し上げて、本年の挨拶とさせて頂きます。どうぞよいお年をお迎えください。



5月に入り、目まぐるしいお天気と気温の変化ですが、皆さんお元気にお過ごしでしょうか?お天気、気温と比例するかのように、今の私は目が回るくらい忙しい。グアム大学出張があった4月からボーっとしている時間がない。

医療は「日進月歩」という言葉を聞いたことがあると言う方も多いのではないかと思います。まさのその言葉道りで、この5年間の間に歯科の分野も目覚ましい発展・進歩を遂げてきています。
当院では、6年前にアナログ式(現像液を使用)からデジタル式の最新レントゲン装置に切り替えました。当時は、これで最先端であったのですが、これ以降、さらに「技術革新」が起こり、これだけでは、「高度先端医療」を提供する医院とはもはや言うことが出来なくなりました。 
一重に「時代の変化」「時代の流れ」とのありきたりな言葉では言い表せない程の変化。そうは言ってもまだデジタルレントゲン装置導入から6年しか経っていないのに、更なる設備投資を行わななければならないとは・・・。「すべては患者さんのために」。

今歯科の分野では本当に怖いくらいの目覚ましい発展・進歩が遂げられているのです。レーザープリンター・CAD/CAM 技術の精度が向上していることから推察すると、次は「光工学印象」の時代の到来が近いのか?

当院では、5月13日(土)、14日(日)CT(コンピューター断層撮影)とマイクロスコープ(光学顕微鏡)の設置工事が行われ、15日(月)から稼働を始めました。操作を覚えるのに私もスタッフも必死です。

「常に時代の最先端を行く医院」作りに今後も取り組んで参りますので、今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

| 1 / 19 | 次へ≫